その風俗は言うなれば「平凡」その一言で表現可能な風俗でした。しかし、山あり谷ありの生活を送っている方々からすれば、その「平凡」さこそが、何物にも変えがたいポイントなのだそうです。・・・全部体験談に書いてありました(笑)

繁忙期を乗り越えたご褒美は風俗

残業続きの繁忙期をなんとか乗り越えて、ようやく定時でも帰れる日ができてくると、自分へのご褒美として行ってしまうのが風俗店。最近は周りに気を遣わなくてもいいっていう理由で、ラブホでデリヘルを使うことが増えてきました。風俗なんて今まであんまり興味がなかったんだけど、彼女みたいに何かして繋ぎ止めておく必要もないし、遊びたい時にだけサッと利用できるのがいいですね。で、前回のご褒美デリヘルは、若い子中心にラインナップされている店。自分のところに来てくれたのは21歳の女の子で、すっごい若くて肌はピチピチ髪はツルツル。若い女の子と触れあうの自体が久し振りすぎて、プレイ開始からしばらくはただただギュッとハグしてしばらく感触と匂いを堪能してしまいました。その後は女の子の方から積極的にリードしてくれてて、ほとんどベッドから起き上がらずに終わったような気がしますね。かわいいところをもっと見たいと思ったから、フェラをたっぷりしてもらったところで、ひっくり返して正常位素股。これがあるから残業できてるようなモンです。
五反田 風俗

季節ごとのイベント時には黙って風俗へ

季節ごとにあるいろんなイベント、ああいうのってどうしてカップルの何かに繋げたがるんでしょうかね…。自分はもちろんカップルの何かに便乗できない派なので、何かあるたびに風俗のお世話になってます。カップルどもだけに楽しい思いをさせておくのは、何かやっぱり悔しいじゃないですか。お前も彼女作れよって思われるかもしれませんけど、それはそれ、これはこれですよ…。今までは風俗というとデリヘルをメインに使ってましたが、最近はヘルスに行くようになりました。箱物は高いイメージだったんですが、ホテル代を考えるとヘルスとあんまり料金が変わらないと気づいたので。前回も利用したのは世間がイベントに浮かれている時期、そういう時って店でもちょっとしたイベントやキャンペーンをしてくれるので、いろいろお得になるのも嬉しいポイントです。しかも自分は平日休みの仕事なので、平日の昼間っから女の子をチュッチュして1発抜くことで、かなりの優越感を得られています。その後は自宅で優雅に昼からビール、我ながらいい休日の過ごし方をしてると思いますよ
東京 ガールズバー

出張先で初めての風俗体験

今の職場についてから、初めて出張というものを体験しました。1人旅もしたことがなかったので初めはすごく緊張しましたが、慣れれば移動時間も楽しいし、何より仕事内容や相手によっては結構自由時間を作れるんですよね。そこで楽しむようになったのが、出張先での風俗です。地元で風俗といったらデリヘルくらいしかなかったんですが、出張先には各地の県庁所在地も多く、いろんなタイプの店を楽しめるんですよね。前回は初めてピンサロに行きました。受付で説明を聞いて、待合室で15分ほど、席に通されてから2~3分ほど待ったところで女の子が来てくれました。この時点でもうおっぱいとかお尻とかいろいろはみ出てそうなコスチュームなんですよね、物珍しさもあってすでに半勃起。ヒザの上に女の子がまたがるように座って、キスとボディタッチをしてくれます。こちらからもタッチはOKとのことなので、おっぱいをメインに堪能させてもらい、最後はジュッポジュポと音を立ててのフェラでフィニッシュ。ちょっと周りは気になりましたけど、短時間で済ませられるっていうのは便利なのかもしれませんね。
幕張 デリヘル